「大谷翔平選手の目標達成シート」

大谷翔平選手のメジャーでの活躍がすごいですね!連日TVなどでその活躍ぶりが報じられていますが、皆さんにとって印象に残ったことは何ですか? 3試合連続のホームランでしょうか?それとも、二刀流として実力を発揮していることでしょうか?   私にとって最も鮮烈だった印象は、大谷翔平選手が花巻東高校1年時に立てたという81マスの「目標達成シート」でした。 これまで目標を書く時は箇条書きにすることしか知らなかった私にとってまさに目からウロコでした。

それにしても、この「目標達成シート」を大谷翔平選手に書かせた佐々木監督の指導法には脱帽です。 単に目標を掲げさせるだけなく、その目標を達成するための具体的な要素や項目も考えさせたのですから! とても感動して、自分でもこの「目標達成シート」を作ってみたいと思ったので、その作り方をインターネットで調べてみました。 皆さんにもご紹介しますね。

①縦9マス×横9マスの全部で81マスの表をつくる。(3マス×3マスが1ブロックです)
②真ん中のマスに達成したい目標をを記入する。(真ん中の9マスがメインです)
※大谷選手の目標は[ドラフト1位 8球団]です。
③目標の周りに達成するための8つの要素を記入する。
※大谷選手の8要素は[体づくり、コントロール、キレ、メンタル、スピード160km/h、人間性、運、変化球]です。
④周りの9マスの真ん中にそれぞれ8つの要素を記入する。
⑤それぞれの要素の周りに、その要素を達成するための8つの具体的な項目を記入する。
※大谷選手の[人間性]という要素を例に挙げると、[感性、愛される人間、計画性、思いやり、感謝、礼儀、信頼される人間、継続力]の8つです。
⑥81マスが全部埋まったら完成です!
◆8要素や項目がなかなか思い浮かばない人は、マインド・マップと組み合わせると作りやすいと思います。

ちなみに、この「目標達成シート」は「マンダーラチャート」とも呼ばれ、(株)クローバ研究所の松村寧雄社長が考案したフレームワークだそうです。                                                         目標を単なる目標に終わらせないためにも、ぜひこの「目標達成シート」を完成させて、自分の夢を実現させたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です